保全班班長

森 保人

2017年中途入社

やりがいや適性に合った
仕事に携われる会社

# 01 入社のきっかけ

正社員として働き
安定した生活基盤を築きたい

大学卒業後、勤めた電気設備会社を3年で退職しました。その後、正社員として働けて、安定した生活基盤を築くことができる会社を探していたところ、知人の紹介でヨシザワを知りました。面接後すぐ採用していただき、ヨシザワで働き始めた形になります。

# 02 仕事の内容・やりがい・苦労

やりがい、適正にあった
仕事にシフトチェンジ

入社後1年半はオペレーター業務に携わりました。その後、データ操作を行う新規班を経験し、今は保全班の班長として機器の修理を担当しています。機器の修理に関しては、毎回故障の内容が異なり、常に新しいトラブルが出てくるので、知識が求められる難しさもありますが、手を動かすのが好きなので前向きに取り組んでいます。実は、入社後オペレーターの仕事を担当していた時「自分には合わない。つまらないな」と思っていたんです。そのタイミングで上司から「この仕事どう?」と聞かれたので、正直にその時の気持ちを伝えました。すると「つまらないのであれば、新規班を立ち上げるんだけど興味ある?」と異動を提案してもらえたんです。やりがいを感じられる仕事や、適性に合わせた仕事を考えていただける良い会社だと思いました。仕事の面で、しんどいと思うことはあまり無いですね。いま保全班には私のほか、2名、年齢も経験値も私より上のメンバーがいます。分からないことがあったときは2人に質問し解決できている状態ですが、早く経験値や知識を身に着けて、自立して仕事できるようになりたいと思っています。班長として一人前になれるよう、どんどん成長していきたいですね。

# 03 社風

ほどよく真面目過ぎず
冗談を言い合えるような関係

とにかく、社員の人柄が良いです。仕事で大変なことがあった時も、周りの仲間の人柄に助けられました。みんなとは、ほどよく真面目過ぎず冗談を言い合えるような関係ができています。

# 04 未来の仲間へのメッセージ

やる気があればOK

やる気があればOKだと思います。私自身も、やる気があればまだまだ昇進できそうだな、と意気込んでいます。

TOP
TOP